ブログ 未分類

【ピアノ椅子】への思い入れ

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

ピアノを弾くために必要なもの。

もちろん、ピアノ。そして、忘れてならないものが、

【ピアノ椅子】。

 

椅子なんて、高さが合っていれば弾くのに支障はないでしょう?・・と思われるかもしれませんが、それは大きな間違い。

試しに、似たような椅子でピアノを弾いてみると・・・何とも弾きづらい!!

いかに、ピアノ椅子が“ピアノ演奏に適した造りをしているのか”、実感することができます。

 

ピアノ椅子、大きく分けて2つの種類があります。

①背付き。高さ調節・・段階式

②背なし。高さ調節・・ダイヤルによる無段階式

 

①の背付き椅子は、高さの調節が難しくないため、ちいさなお子さまの演奏に使用されることが多いです。

それとは反対に、

②の背なし椅子は、横長の形状であることから、重心の移動などがしやすく、大人の方の演奏機会に使われることが多いです。

高さ調節も無段階で調節できますから、自分に適した高さに合わせることができます。

高さ調節がダイヤル式のため、ちいさな手では操作しにくく、その点でも、お子さまひとりで調節するのは少し難しいかもしれません。

コンサートの舞台でピアニストの方が演奏する際は、ほとんど全てと言ってよいほど、この“背なし椅子”が使用されています。

 

この【ピアノ椅子】

たかが(とは思わないけれど)、椅子。されど!!椅子。なのです。

何とも言えない、『情』があるのですよね。

 

わたしがメインで使っている【ピアノ椅子】は、わたしが生まれる、うんと昔からあるもの。

50年ほどは経っているものだと思われますが、いまだに現役です(^^)

 

わたしが生まれてはじめてピアノを弾いた瞬間にも、このピアノ椅子は立ち会っているのだなと思うと、何だか感慨深い(^^)

塗装がはげたり、色が変わったりしているけれど、それも含めて、私にとっての宝物です。

ピアノを弾く時、必ず椅子に座って弾きますから、まさに【ピアノ】と【ピアノ椅子】は一心同体。

さらに言えば、そこには必ず“演奏者”が存在するわけですから、

【ピアノ】と【ピアノ椅子】と、【演奏者】

・・・切っても切れない、大切な関係です。

 

みなさんの【ピアノ椅子】は、どんなものでしょうか。

また、どんな思い出がありますか?(^^)

 

 

 

 

-ブログ, 未分類

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.