テキスト ブログ

いい言葉、見つけた

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

音楽情報誌、無料のものから有料のものまで、たくさんありますね。

目に入った音楽情報誌は、可能な限り、その場で手にとり、目を通すようにしています。

 

~~~

ピアノ学習者は必ずと言ってよいほど、誰もが勉強するテキスト、【ハノン】。

【ハノン】とは、練習曲の本。

美しいメロディラインの曲とは違うジャンルのものですから、誰もがみな『ハノン大好き!!』・・・というわけにはならない、この教材。

その【ハノン】について。

~~~

先日、ふと手にした音楽情報誌に、こんな言葉がありました。

 

『ハノンに取り組むときは、いつも、夢、希望を持って練習すること』

『“上手になりたい” “これを練習したら、難しい曲が楽しく弾けるようになる” という、強い気持ちを持つこと』

・・・

心の底にストンと響く言葉でした。

 

ピアノ指導者、ピアノを仕事としているいわゆるプロ。

その立場で考えますと、ご紹介した言葉は、自分の中ではよく分かっていること。いつも意識しながら練習していることですが、ハノンを初めて弾く生徒のみなさんの気持ちで考えてみると、決して忘れてはいけない、そしてまた、きちんと“ことば”で伝える必要があるものだなと思いました。

 

練習曲は、ピアノ上達に欠かせないもの。

5指の個性や、得意不得意な動きを均一に鍛えるもの。

その力が身につけば、どんな曲でも弾けるようになる。

・・・

このことはいつもお伝えしているつもりでいましたが、そのもう一歩先・・・

“夢と希望を持って練習すること”

 

この、夢と希望 というワードにハッとしました。

 

 

どんなところに、どんな大切なことばが隠れているのか・・・(^^♪

音楽情報誌に、つねにアンテナを張り巡らせること。

これだから、やめられないのです(^^♪

 

いつも私が思っていること。

“レッスンをする上で・・自分が思うこと、考えること、感覚として長年とらえていること・・これらをすべて言語化できるように。そして的確に言語化し、生徒さんにお伝えすること。

そして、そのためには、日々アンテナを張りめぐらせて、その能力をつねに鍛えること。”

 

ピアノ指導者として、日々向上しなければと思っています。

-テキスト, ブログ
-, ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.