ピアノへの思い ブログ

ショパン オンラインセミナーを受講しました

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

♪YouTubeチャンネルは、こちら→【エミ・ピアノスタジオ YouTubeチャンネル



前回ブログでは、【ショパン オンラインZOOMセミナー】をタイトルにお話ししましたが、楽しみにしていたこのセミナー、今朝受講いたしました^ ^

コロナ禍ということで、zoomを使ってのオンライン配信。
自宅から参加しました。


【最初に弾くショパン〜ショパンを子供に教えるとしたら?初級】と題された、今回のセミナー。
お話&演奏をしてくださったのは、楠原祥子先生。

楠原祥子先生は、私が桐朋学園在籍時に受講していた授業、〝ピアノリテラチュア〟で教鞭をとられていた先生です。
ショパンについて研究されている先生ですから、ピアノリテラチュアでも、ショパンについての講義でした。
非常に興味深く、2年連続で履修した程です。

楠原先生のオンラインセミナー。
実は、今回で2回目の受講。
昨年、同じくzoomで開催された、三善晃先生のピアノ曲集についてのセミナーを受講したことがあります。

ブログ記事は、こちら→【コロナ禍の中にも、ポジティブなこと


主催はどちらも、カワイ千葉店。
オンラインではなく、リアル開催でしたら到底出向くことはできない距離。
オンライン開催に感謝です。

〜〜〜
ピアノ学習者だけでなく、音楽愛好家の方でも、誰でも憧れるであろう、ショパンのピアノ曲。

副題は、ショパン本人が付けたものではありませんが、〝子犬のワルツ〟 〝別れの曲〟 〝幻想即興曲〟など、誰でも一度は耳にし、そして憧れる名曲ばかり。

今回のセミナーでは、数々のショパンピアノ曲の中から、〝初めてショパンに触れる〟そのような、初歩に扱うピアノ曲についてのお話。

ポロネーズ、マズルカ、ワルツを中心に、リズム、ペダリング、曲の構成など多岐にわたりお話ししてくださいました。

2時間たっぷりとお話しくださった中で、特に興味深かったこと。
それは、ショパンが弟子たちにレッスンをした際の自筆による〝ゆびづかい〟。
その指番号が書かれている、意味。

なんとなく通り過ぎてしまわず、もう一歩、自分で考えを巡らせなければ。と思うきっかけとなりました。

ショパンピアノ曲の美しさ。
感覚も大切だけれど、なぜ美しいのか。
今日のセミナーをきっかけに、よくよく楽譜を読み込んでいかなければと改めて感じました。

-ピアノへの思い, ブログ
-, ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2021 All Rights Reserved.