ブログ 未分類

ピアノこぼれ話

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。



先日出会った、ある方との会話。
お話しした方は、幼い頃ピアノを習っていたそう。
9年間続けたけれど、中学生の頃やめてしまったのだそうです。

やめてしまった理由を伺うと、やはり・・・
“練習がつらかった(泣)“ “ピアノの先生が厳しかった(泣)” とのこと。

けれど、ピアノをやめてしまってから数年後。
時は、ドラマ「ロングバケーション」が大流行した時代!

〝ロンバケ〟・・・木村拓哉さんがピアニスト役 通称 “セナ” を演じられているドラマで、それはそれは社会現象になるほど大流行したドラマなのです(^^)

その〝ロンバケ〟。

キムタク扮するピアニスト〝セナ〟がピアノを弾いていた姿を見て、その方・・・

とにかく、〝セナ〟に!〝キムタク〟に!なりたい!!!

という一心で、楽譜を手に入れ、数年ぶりにピアノに向かったそう。

ピアノをやめたのは、練習がつらかったから。そして、ピアノの先生の厳しさが辛かったから・・・。という苦い思い出付きの “ピアノ”。

その、苦手だったピアノに自ら向かい、さらには自ら楽譜も手に入れて!

・・・さて、
数年間まったく触れていなかったピアノ・・・

なんと、楽譜も苦労なく読むことができ、さらっと両手で弾けてしまったとのこと!!!

ご自分でも、びっくりされたそうです。

その方のひとこと。
『幼い頃に努力したことって、大人になっても素地として残っているのですね。』


そう。まさに私もそう思います。

幼い頃、あんなに辛かったピアノが、大人になってもこんなに残っているのかと驚かれていました。

楽譜を読む感覚も残っていたけれど、≪曲を耳で聴きとる感覚≫も忘れていなかった。と話されていました。


聴覚の発達は小学校に入るまでが、最も著しい時期と言われています。
習いたての頃はおそらく苦労されていたであろう“譜読み”も、年数を経ても素地として残っているのですね。
(もちろん、※個人差はありますが(^^))

ピアノに携わる者として、なんだか嬉しいこぼれ話でした。



【エミ・ピアノスタジオ】では、

●0歳、1歳、2歳 ≪親子の音楽レッスン≫

●3歳 ≪親子のプレ・ピアノレッスン≫

そして、

●4歳~大人の方まで≪ピアノ個人レッスン≫

を開講しています。


大人の方のためのピアノレッスン。

おひとりおひとりのご要望に合わせて内容や曲を決め、レッスンを行っています(^^)



『ピアノを弾いたことがない・・けれど、いつか弾いてみたい!』
『幼い頃習っていたけれど・・・もう弾けないかも・・・けれどもう一度チャレンジしてみたい!!』

そんなピアノに対する色々な気持ち・・・ぜひ、『音』にしてみませんか?


知っている曲、大好きな曲、憧れの曲。
【エミ・ピアノスタジオ】では、その『音』を奏でてみる第一歩のお手伝いをいたします♪

 

何も弾けなくても大丈夫ですよ(^^)

ぜひお気軽に、体験レッスンへお越しください♪

お待ちしています。

 

-ブログ, 未分類

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.