ブログ 未分類

今日は、あの作曲家の誕生日!

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

今日、4月23日は、【プロコフィエフ】のお誕生日です。

 

プロコフィエフは、ウクライナ出身の作曲家。生まれは、1891年です。

来年で、生誕130年ですね。

 

プロコフィエフは、ピアノ曲にとどまらず、多くの作品を残し、そのどれもが今でもみなに愛され、」演奏され続けています。

交響曲、オペラ、バレエ音楽、それから、映画音楽。

ピアノ、ヴァイオリン、チェロ協奏曲、室内楽曲。そして、合唱曲も作曲されているようです。

とりわけ有名なのが、やはりピアノ曲の数々でしょうか。

 

私は、手が小さく、またフランスの作曲家の曲(ラヴェルなど)を好んで勉強していたため、プロコフィエフのピアノソロ曲とは、縁遠く過ごしてきました。

“ピーターと狼”という曲をご存知ですか?

2台ピアノや、連弾曲としてしばしば演奏される曲ですが、この曲は、コンサートで連弾曲として演奏したことがあります(^^) とてもかわいらしく、ユーモアのある素敵な曲です。

 

~~~

私が、【プロコフィエフ】と聞くと、思い出す壮絶な!?思い出がひとつ。

 

音大時代、毎週みていただくレッスン。

それとはまた別に、年間通して、“発表会”や“弾き合い会”というものが行われていました。

年1回行われる、発表会。その発表会のための“弾き合い会”というものまで存在していたほど、有難いことに、“本番”もしくは“本番のための本番”という機会に恵まれていた音大時代でした。

 

今でこそ、“恵まれていたな”と振り返ることが出来ますが、その当時は、“必死!!!”・・・

本当に・・“必死”。

 

それらの弾き合い会は、同じ先生に習っている『門下生』で行われるもの。

その当時、同じ門下での同級生は、私ともうひとり。

弾き合い会や発表会など、おのずと“学年順” “名前順”で弾く順番が決まっており、いつも、

“もうひとりの同級生”→“わたし” の順で弾いていました。

 

そのもうひとりの同級生が、一時期、本番で弾く曲としてさらいこんでいたのが、

【プロコフィエフ ピアノソナタ第一番 ヘ短調】という曲。

 

発表会は当然のこと、たとえ弾き合い会であっても、緊張とある意味、恐怖!?つきもの。

もう、その場から逃げだしてしまいたくなる気持ちです。毎回毎回(^^ゞ

 

~~~

 

先日、ひょんなことからインターネット上で流れてきたのが、

【プロコフィエフ ピアノソナタ第一番 ヘ短調】!!

 

・・・

もう、、、

身体が飛び上がりましたよ!!!!

この曲の冒頭を聴くだけで、あの頃に一瞬でタイムトリップですから。。。

 

発表会の舞台袖、弾き合い会が行われていた大学の広い部屋・・・。

今でも全て、はっきりと鮮明に。。当時の心境まで、何もかも一瞬で思い出すことができます。

 

付け加えると、

その当時。この曲の演奏が終わると、自分の番ですので、聴いているようでほとんど聴いていなかったわけです。

自分の演奏が迫っているわけですから。

 

今、改めて聴くと、、

とても良い曲(^^)

 

お誕生日を祝して・・・改めて聴きなおしてみようと思います。

 

-ブログ, 未分類

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.