ブログ 未分類

今練習している曲、歌ってみたことありますか?

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

お正月休みも終わり、通常運転の日常がスタートしましたね。

ピアノのレッスンも久しぶりに再開。という方も多いのではないでしょうか。

 

お正月休みも毎日みっちり練習しました!!!という方もいらっしゃるかもしれませんが・・・なかなかそうもいかないのが・・・現実かもしれませんね(^^ゞ

今日はそんなときに是非お試しいただきたい練習法をひとつ。

 

今、練習している曲。

“歌って”みたことは、ありますか?

 

お正月休み、ちょっと練習を怠けてしまったな・・・でももうすぐレッスン日!!

そんな時、焦って練習するのは悪循環。

少し視点を変えて、ぜひメロディを “歌って” みてください。

 

歌ってみると、驚くほど新しい発見をすることができます。

例えば・・・

<音型の上がり、下がり>

<ブレスの位置> (ブレス・・・息継ぎのこと)

<曲の雰囲気>

<音色のイメージ> etc.

歌ってみると、弾いているときには感じることのなかった側面から、曲を理解することができます。

“うた”は、直接自分の身体からあふれ出るものですから、曲に対するイメージや“こう弾きたい!”という理想像をシンプルに、表現しやすいのかもしれませんね。

 

歌ってみると、いろいろなことに気づかされますし、“ここにこんなことが隠れていたのか!”という発見もできます。

 

特に、≪ブレス≫。

ピアノという楽器は、息を吹き込まなくても音が鳴る楽器です。

極端な話、息を止めたままでも演奏はできます。

ですが、それでは全く音楽的ではありません。

フレーズを意識して、歌っているようにメロディを弾かなければなりません。

そんなときに、“歌って”みると・・・一発で分かるのです。

歌は、ブレス(息継ぎ)をしないと苦しくて歌えません。

フレーズの終わりにブレスをして→また新しいフレーズが始まる・・・。

これが音楽の、メロディの自然な流れなのです。

 

ピアノで弾いていると、弾く動作や技術に追われて、こんなにもシンプルなことを忘れてしまいがちなのです。

 

練習に行き詰ったとき、久しぶりにその曲と向き合うとき・・・

ぜひその曲を “うたって” みてください。

その曲が持っている、≪自然な音楽の流れ≫ を身体で感じ、理解することができるようになることと思います(^^)

 

-ブログ, 未分類

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.