ブログ 未分類

子どもたちでも、サッと読めちゃう!“音楽本”

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

今日は、当スタジオの本棚から1冊ご紹介(^^)

 

山下薫子著 (音楽の友社)        『ジュニア楽典』

詳しくは、こちら♪

 

~~~

ピアノに関わらず、音楽を学ぶ上で必要不可欠なのが、

音楽のルール

『楽典(がくてん)』 です。

 

楽典を学ぼうと思うとき、楽譜屋さんに出向くとたくさんの“楽典の本”が売られています。

ですが大半は、難しい言葉で書かれた、大人向けのものばかり。

音楽辞典も、本が厚く、子どもたちが気軽に調べ物をするには手軽ではないな・・・と思っていました。

 

そんな時に、楽譜屋さんで出会ったのが、この『ジュニア楽典』。

まず、表紙が可愛いですよね。

小学生の子どもたちが読む本・・というイメージで手に取りやすいです。

“探検隊”のイラストも、

『音楽の世界へしゅっぱーつ!!!』

という世界観で、子どもたちのハートをがっちり!つかんでいます(^^)

 

中を見てみると、

『音』『リズム』とは・・・?

『速さ』や『歴史』に至るまで、分かりやすい文章と、心ひかれるイラストで構成されています。

 

わたしが中でも気に入ったのが、

【発想記号】【速度記号】

などの、【記号】を調べることができるページ。

 

楽譜をよーく見てみると、音符だけではなく、いろいろな【記号】が書かれていることに気づきますね。

それらは、その曲を作った『作曲者』自らが(そうでない場合もありますが)、

“ここは、こんなイメージで弾いてほしい”

“ここは、このくらいの音量で。”

など、

曲を弾く時の、大切なメッセージであり、“アドヴァイス” なのです。

 

これを無視するわけにはいきませんね(^^)

 

その時に、それぞれの記号の意味を調べるにあたって、活躍するのが、“楽典”や“音楽辞典”です。

 

この『ジュニア楽典』は、大人の手を借りなくても、子どもたちが自分の力でサッと調べることのできる、最適な本ではないでしょうか。

 

文章も分かりやすく書かれているので、読み物としてもオススメですし、

常に楽器のそばに置いておき、練習中に分からない言葉などに出会ったとき、さっと、この本で調べる♪

・・・かっこいいですね!!

 

 

楽譜は、よーーーーく目を凝らして見てみると、たくさんの記号が隠れています。

“宝さがし”の気持ちで、ぜひ、楽譜と“にらめっこ“してみてください。

 

きっと、こういった本が役に立つことと思います♪

-ブログ, 未分類

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.