ブログ 未分類

弾く曲であっても、“歌詞をうたう“ことの大切さ

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。
当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

ちいさなお子さまのテキストを見てみると、“歌詞“がついている曲が多いことに気がつきます。

弾くことが目的の曲ですから、弾けるようになるための練習に一生懸命になるのは当然です。

だからといって、

“うたうこと”

“歌詞を大切にうたうこと”  を疎かにしていませんか?

 

~~~

歌詞が付いている曲に関して、わたしは、“歌詞でうたうこと” をとても大切に考えています。

これは以前、ヤマハ音楽教室でシステム講師をしていた頃からずっと同じです。

 

歌詞には、その曲を表現する上での大切にすべき要素が、すべて入っています。

その曲の世界観、ストーリー、気持ち、それから起承転結ともいうべき流れ。

 

表現する上で何の意味も持たないことであれば、わざわざ作る必要がない。

けれど、わざわざ “その曲に対して、歌詞をつけている“ ということは、そのことに対して意味があるわけですから、これは絶対に無視してはならない、大切にすべきポイントだと私は考えています。

 

その曲を初めてレッスンする、導入の時期。

ここで歌詞唱を大切に取り入れることは、とても重要です。

ですが、その後、弾く段階に進んでいても、“もう一度歌詞を大切に確認してみる“ 、こんな作業を取り入れながら上達していくのも、より曲のイメージを理解することができ、有効な練習法なのではないでしょうか。

 

 

“良い音色” “綺麗な音色” “曲のイメージに合った音色”

・・・

このような音色で演奏するには、もちろんテクニック的な側面からの学びも必要です。

ですが、

“歌詞を大切に・・大切に・・思って指導する、うたう”

“歌詞に共感して指導する、うたう”

このことに意味を感じて大切に伝えることで、

たとえ習いたてのちいさなお子さまであったとしても、

『こんな音で弾いてみたいな』

というイメージができ、それを『耳』で探っていくことができるのではないかと思っています。

 

今、みなさんが練習している曲に、歌詞は付いていますか?

もし歌詞が書いてあるのであれば、お話を読むように・・・歌詞の世界に没頭してみるのはいかがでしょうか(^^)

きっと音色が変わり・・・弾き方も変わってくることでしょう。

1曲に対して、いろいろなアプローチをしてみるのも面白いです(^^)

 

-ブログ, 未分類

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.