コンクール ブログ

“忘れがちな“ステージマナー~ピアノコンクール~

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

先日聴きに行ったピアノコンクール全国大会。

その感想を綴ったブログで、『ステージマナーは大切』というお話をしました。

 

今日はその続き、もしかしたら“ちょっと忘れがちな?!”ステージマナーについてお話しします。

 

 

コンクールの場では、足台や補助ペダルの出し入れは、出場者側のどなたかにお願いすることがほとんどです。

コンクールスタッフの方が手伝ってくださることは、ほぼ無いでしょう。

そうなると、足台や補助ペダルの出し入れは、出場者の家族であったり、先生がされることが多くなりますね。

 

『ステージマナー』には、明確な正解はありませんから、あくまでも私個人の見解ですが、

演奏せず、ペダルなどのお手伝い・・・であったとしても、ステージの上に登場するわけですから、

●【服装】

●【客席にお尻を向けない】

などのマナーは、ステージに登場する者はみな、最低限意識をしたほうが良いのでは・・・と感じました。

 

まず、【服装】について。

演奏をするわけではありませんから、華やかな服装をする必要はありません。

ですが、一瞬でも、たとえお手伝い要員だとしても、

『自分もステージの上に立っている。』

という意識を持って、服装にも、心を配るべきかなと思いました。

 

それから、【客席にお尻を向けない】ということ。

これは、演奏者本人のステージマナーでもお話ししましたが、“客席にお尻を向ける“ということは、してはいけません。

心に留めて、ステージ上では振る舞いましょう。

 

今回気になったのは、“足台などの高さ調整をステージ上で行うとき“のこと。

シーンと静まり返ったホール、ステージの上で高さ調整など行う瞬間は、緊張もするでしょうし、焦るお気持ちもわかります。

ですが、その最中、ずっと

“客席にお尻を向けて“ 高さ調整などを行う

のは、やはり美しくありませんし、客席にいるお客様・審査員の先生方に対して失礼では・・とも感じます。

 

たとえ、演奏をしない“お手伝い”としてでも、『見られていること』を忘れず、最低限のエレガントさを心がけてみてください。

 

それから、ちょっと番外編。

ステージ上で、椅子の高さや、足台の調整を待っている『演奏者の方』。

調整が終わるのを待つ間、思いっきり【客席にお尻を向けて待っている】のも、美しくありません。

少し気をつけて、心に留めておかれると良いかなと思いました。

 

~~~

【ステージマナー】

難しく捉えられがちですが、時々、“自分以外の演奏者の立ち居振る舞い“ を “客席から“ 見てみましょう。

とても勉強になるはずです。

 

極端に考えると、たとえばコンクールなら、演奏の良し悪しが全てです。

ですが、ステージ上での立ち居振る舞い・・・

演奏者本人はもちろんのこと、お手伝いであったとしても、ステージに立つ方はみな、よく気をつけて、いつも心に留めておかれると良いと感じました。

 

-コンクール, ブログ

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.