ブログ 音楽への気持ち

“既知曲”が持つチカラ②

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

今日は、前回ブログ記事【既知曲が持つチカラ①】に続けてのお話。

 


先日、こんなことがありました。


私の家族は、決して音楽一家ではありません。
音楽とは無縁の家族もいます。

テレビで放送している、さまざまな音楽番組。
その中でも、クラシック音楽番組を見ることは、私の楽しみな時間です。

特に、自由にコンサートホールへ足を運ぶことが難しい今年は、自宅で音楽番組を見ることができるのが、何より楽しみであり、学び多き時間です。
さまざま録りためているので、見る&聴くのが追いつかないほど、見たい番組がたくさん(^^)

 

・・・

ですが、音楽に、とりわけクラシック音楽に興味がない家族は、音楽番組をつけていても、何の関心も示しません(^^;

どうやら、クラシック音楽は“難しそう” ・・そのような苦手意識があるようです(^^;

 

そんな私の家族ですが、少し前に放送されていた、あるクラシック音楽番組を夢中になって見て&聴いていたことがあったのです。

それは、オーケストラや指揮者の密着番組でした。

 

そこで取り上げられていた曲が、

『ベートーヴェン交響曲 第7番 イ長調』

・・・

 

そう、この『ベートーヴェン交響曲 第7番 イ長調』。

メロディを耳にすれば誰もが、“のだめちゃん!!” ・・こうイメージする、あの曲です。

“のだめカンタービレ”のテレビドラマ版 オープニングテーマ曲として使われていたことで、瞬く間に有名になりました。

 

誰もが一度は聴いたことのある曲・・そう、まさに、“既知曲”です。

 

普段は、クラシック音楽に興味も示さず、苦手意識さえ抱いてしまっているわたしの家族。

“のだめの曲だ!” と分かるや否や、その番組にくぎ付け。

何と、終楽章まで聴いていたのです(^^)

 

この様子を目にして、わたしはびっくり。

と同時に、

“この曲、知ってる!”

・・この気持ちや経験の持つ意味に、改めて考えるべきものを感じました。

 

音楽だけでなく、何にでも置き換えて考えることができますが、

“今まで知らなかったこと“ を “知るきっかけ”

何も、高尚なことではないと思うのです。

案外、日頃の生活の中に隠れているものなのかもしれません。

 

案外、身近に隠れている “何かを知るきっかけ”。

ふとした時に、それに “出会う” ことで、その後の人生ががらりと変わるような、実は、奇跡の出会いだったりもするわけですよね。

 

このブログでは、音楽にフォーカスを当てて考えてみましたが、

“これ、知ってる!!”

この気持ちが、人に興味を抱かせ、新しい世界を知るきっかけになるのです。

 

ちょっとしたきっかけから、新しい世界を知る。

“この曲、知ってる!” ・・“聴きに行ってみたいな”

 

既知曲の持つパワーに驚いたとともに、なんだかうれしいひとコマでした。

 

 

 

 

 

-ブログ, 音楽への気持ち
-, ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2021 All Rights Reserved.