ブログ レッスン日記

“譜読み” を得意にする工夫

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。
当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

ホームページのトップページに掲げている、当スタジオの3つの特徴。

その中に、『読む力』があります。

『読む力』とは、“楽譜を読む力“ を指します。

 

“楽譜を読む力“ という言葉の中には、様々な意味が込められています。

まずは、書かれている音を読む力。リズムを読む力。

表現を理解する力。

もっと高度な視点から考えると、楽譜には直接書かれていないけれど、曲を理解し、音楽を読み解く力。

音楽を理解し読み解くことが、その演奏者の表現に結びつきます。演奏者それぞれの個性ですから、十人十色、たくさんの解釈が生まれます。

 

ですが、まず一番はじめに身につけなければならない“読む力”は、

『音符を読む力』。

すなわち、譜読みをする力です。

 

この、譜読み。

最も基礎的なことですが、つまずいてしまう方が多いところではないでしょうか。

ピアノのみならず、楽器を演奏する際、楽譜が目の前にあるならば、それを譜読みしなければ曲は弾けません。

楽譜には色々な情報が書かれているけれど、まずは、音を読むところから始まります。

 

~~~

 

私がいつも考えていること。

『譜読みを苦手にしたくない。』

 

せっかくピアノが好きで、ピアノを弾けるようになりたいと思って、レッスンがスタートするのですから、“曲を弾ける喜び“を味わっていただきたいのです。

けれど、曲を完成させるまでには、必ず、『譜読み』をしなければなりません。

譜読みは、まさに、はじめの一歩目。

そこでつまずいたり、苦しくなってほしくないのです。

 

そのために、当スタジオのレッスンでは、はじめの頃から意識的に、

『譜読みを苦手にしない工夫』

を盛り込んでいます。

 

レベルや年齢によっても手法は様々ですが、『譜読みでつまずいてほしくない!』 という私の思いは同じです。

 

実際にどのようなことをレッスンに取り入れているのか・・・次回のブログでお話ししていこうと思います(^^)

-ブログ, レッスン日記
-, ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.