ブログ 練習

“譜読み“の“裏ワザ“

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。
当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

毎日、一生懸命練習をして、その曲がレッスンで合格になった時。

嬉しいですよね(^^)

 

ですが、その嬉しさの次にやってくるのが・・・

新しい曲の『譜読み』です。

 

時間がある時に、前もって先々の曲まで譜読みをしていると、新しい曲にもスムーズに取り組むことができて良いのですが、そうでないと・・・一週間後のレッスンまでに譜読みを頑張らないといけません。

レッスンでは、複数冊テキストを使っている方がほとんどだと思いますので、一曲の譜読みにかかりっっきりになるわけにもいきませんね。

~~~

さあ、新しい曲の譜読みです。

例えば、見開き2ページほどの曲の場合。

・・・わぁ・・・長いなぁ

・・・こんなに長い曲、読めない(涙)

パタンと楽譜を閉じてしまいたくなるかもしれません。

 

その前に。楽譜を閉じてしまう前に、

“はじめまして” の、その曲と少しだけ、“にらめっこ“ をしてみてください(^^)

 

同じメロディーの流れ、同じフレーズのかたまり を見つけてみましょう。

音楽用語では、“アナリーゼする” と言いますが、一つの曲を段落分けするのです。

 

アナリーゼができれば最も分かりやすいのですが、まだアナリーゼに慣れていらっしゃらない方でも大丈夫。

じっと楽譜を見てみると、きっと、

“ここと、ここは全く同じだ!”

“この部分は、はじめとそっくりだけれど、少しだけ違うな”

 

など、発見ができると思います。

 

見開きで長いなあと思っていた新しい曲、

“似ているところ“ や “同じところ”を見つけて整理してみると・・・

消去法のようなイメージで、譜読みするべきところが、案外少なかったりと嬉しい?!発見ができるのではないでしょうか。

 

先生が、“こんな曲ですよ”と模範演奏をしてくださった場合には分かりやすいのですが、そうでなかった場合でも、ただ、闇雲に譜読みを進めるのではなく、“楽譜に書かれている情報を整理して”、是非、効果的に譜読みを進めてみてください。

自分の“目“と“頭の中に鳴る音”を頼りに、“楽譜とにらめっこ” をしてみましょう。

-ブログ, 練習
-, ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.