ブログ 未分類

“譜読み”を得意にする工夫②

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。
当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

今日は、以前のブログの続きのお話(^^)

私がレッスンしている中で、いつも考えていること。

『譜読みを苦手にしたくない。』

 

実際のレッスンで取り入れていることや、大切にしていることをお話ししていきたいと思います。

 

~~~

音符を読めるようにしていくには、いろいろな教材を使うことが多いですね。

楽器店に足を運ぶと、趣向を凝らした、様々な教材が売られています。

当スタジオでも、音符を読む力を強化するため、マグネットボードや、音符カードを使っています。

マグネットボードとは、五線、ト音記号、ヘ音記号が書かれているマグネットボードに、音符を模した黒くて丸い磁石を置いていく教材です。

よく使われるツールですので、目にしたことがある方、使ったことがある方も多いかもしれません。

五線譜に音符を書くことは、小さいお子様には大変な作業であり、時間もかかります。

比べて、マグネットボードと磁石ですと、思ったところにぱっと磁石の音符玉を置けばよいのですから、時間もぐっと短縮され、スピーディーに読譜の訓練を行うことができます。

 

こういった、読譜に強くなるためのツールを使うことも有効ですが、わたしがいつも大切に思っていることは、ツールに頼ることではなく、生徒さんおひとりおひとりの気持ちに関わる部分・・・

『楽譜と仲良しになること』

『“楽譜を読んでみよう!“と、自ら思える自信をつけること』

これらのことを大切に、レッスンしています。

 

~~~

では、それぞれにどのような想いを込めてレッスンしているか、次回も続けてお話ししたいと思います(^^)

 

 

 

-ブログ, 未分類

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.