ブログ レッスン日記

“連弾“の魅力と、難しさ

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

ピアノを習っていらっしゃる方。

みなさま様々なテキストを使って、レッスンを受けていることとと思います。

使用するテキストは、まさに十人十色。

ピアノ講師は、生徒さんおひとりおひとりの顔を思い浮かべながら、その生徒さんに合ったテキストを選ぶ。これも、講師の重要な仕事のひとつといえるでしょう。大切なことです。

 

~~~

さて、先日。

小学生の男の子のレッスンでした。

その生徒さんが使用しているテキストには、数曲、【連弾曲】が収録されています。

 

先日は、その連弾曲を取り上げたレッスン。

なかなか合格にならず、今日こそは合格!という回でした。

 

練習の甲斐あって、見事、はなまる!!合格になったのですが、そこで生徒さんがひとこと。

『家だと弾けるんだけどなあ。。。』

 

そうなのです。

連弾曲には、一人で弾く時とは違う、魅力もありますし、同時に、難しさもあるのです。

~~~

 

レッスンで取り上げた、その連弾曲。

楽譜だけ見てみると、一人で弾く曲と比べて、音も少ないですし、なんだか弾きやすそう。

おうちでの練習では、自分のパートのみを練習する場合が多いですから、譜読みもスムーズに進み、弾けているのですよね。

 

ここで大切なポイント。

それは、“連弾曲の魅力と醍醐味“です。

 

連弾は、1台のピアノを2人で演奏すること。

2人のパートが合わさることによって、その曲が初めて完成するのです。

そこが、連弾の面白さでもあり、同時に、難しいところ。

 

演奏者2人は、別のパートを弾いていますから、

“相手の音を聴きながら弾く”

これが重要で、連弾曲の最大の学びです。

 

“音を聴きながら弾く”

・・・

これは、一見簡単そうに聞こえてしまいがちですが、とても高度なことなのです。

弾くことと同時に、“聴く”作業をするのですから!(^^)

 

自分一人で一曲を弾きとおす ことも簡単ではありませんが、

“相手の音を聴きながら、自分のパートを演奏する”

一人で弾くことと比べて、何倍もの“耳の力”を使うのです。

 

~~~

『家だと弾けるのになあ・・・』

こうお話ししてくれた生徒さん、お母さまにも、連弾について、レッスン終わりに、このようにお話しをしました。

 

音をよく聴くこと。

相手の演奏に合わせて弾くこと。

それから・・・

ぴったりと気持ちも音色も合った瞬間の感動。

 

この気持ちを大切に。

 

レッスンでは随時取り入れて、楽しく連弾に取り組んでいます(^^)

 

 

-ブログ, レッスン日記
-, , ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.