ブログ 練習

“スケール“にも、イメージを。

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

先日の、とあるレッスン風景。

小学生の男の子のレッスン。

毎回、はじめにスケールを弾いてレッスンが始まります。

 

スケールとは、音階のこと。

調ごとに決められた指使いを守って音階を弾きます。

 

表情豊かな曲とは違い、シンプルな音階ではありますが、気を付けることはたくさん!

・・・

音大時代、スーパースター的な先輩が、

“どんな曲を弾くよりも、スケールが一番難しい”

こんな言葉を仰っていたことを思い出します・・・。

 

~~~

スケールには、ゆびづかい、テンポ、リズムなど、たくさんの大切な要素が詰まっています。

 

気を付けなければならないことはたくさんありますが、スケールだからと言って、“音色”をないがしろにしてはいけません。

 

この男の子へのアプローチで、音色がガラリと変わるひとこと。

「100人のお客様がいると思って弾いてみよう!」

 

驚くほど、一瞬で音色が変わるのです(^^)

たくさんのお客様を意識するだけで、姿勢、指のかたち、そして音色が瞬時に変わってしまうのですからうれしい驚きです。

 

スケールを弾くとき。つい、細かなことを気を付けなければ、そんな気持ちが働いてしまうあまり、姿勢も縮こまってしまいがちです。

そんな時には、ぜひ楽譜を閉じて、“自分の前には、100人のお客様がいらっしゃる”そんな場面をイメージして、スケールの練習をしてください(^^)

 

姿勢、指、手のかたちなどが変わることで、自然に音色もハリのある、素晴らしい音色に近づいていくでしょう。

 

ぜひ、お試しいただきたい練習法です。

 

 

-ブログ, 練習
-, ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2021 All Rights Reserved.