コンサート ブログ

チェンバロ・レクチャーコンサート

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

前回の記事【住宅街の中の、素敵なサロン】で、“松本記念音楽迎賓館“についてお話ししました。

このサロンを知るきっかけとなったのが、【チェンバロ】です。

 

【チェンバロ】

・・・もちろん名前は知っていましたし、ピアノと形は似ているけれど、音の出し方が違う。ということも知っていました。

けれど・・・

今まで一度も弾いたことがありませんでした。

弾く。という前に、触れたこともなかったのです。

 

今回“松本記念音楽迎賓館“に訪れたのは、世界的チェンバロ奏者“曽根麻矢子”さんのレクチャーコンサートに参加するため。

“チェンバロを弾いてみましょう!”

と書かれたチラシを胸に、楽しみに行ってきました(^^)

 

陽の光がステンドグラスを通して降り注ぎ、柔らかで心地の良い空間です。

こじんまりとしたあたたかなサロンの中は、音楽愛好者の方や、楽器を演奏する方々で満席。

レクチャーコンサートでは、様々な質問が飛び交い、そのひとつひとつに曽根麻矢子さんが丁寧にお答えくださって、充実したあっという間の時間でした。

 

チェンバロについての様々なお話があった中で、私が一番印象に残っていることがありました。

 

『チェンバロは、ピアニストがそのままのタッチで弾いてしまうと、壊れてしまう。』

 

壊れてしまう、というのは、音を出すパーツに不具合が起きてしまうという意味です。

 

チェンバロは、とてもとても“繊細”。

ピアノとチェンバロ、見た目こそとても似ていますが一つ一つの造りを見てみると、あらゆるパーツの繊細さに驚きました。

心をこめて大切に扱ってあげないと、壊れてしまいそうなほど。

 

とても簡単にいうと、

ピアノは、ハンマーで弦を叩いて音を出す。

一方、チェンバロは、弦をはじいて音を出します。

 

日頃からチェンバロに触れていないと、“何か曲を演奏する”ということは出来ないそうです。

レクチャーコンサートでは、チェンバロを弾く上で、一番基本で大切なこと・・・

 

『弦に触れる感覚→弦をはじく感覚→弦が離れる感覚』

 

を曽根麻矢子さん直々に、ひとりひとりレクチャーしていただきました。

 

楽器自体がとても繊細!と伺ったあとでしたので、1本指でそっと音を出してみるだけでも、緊張でドキドキ。

指先に意識を集中してみると、

『触れる→はじく→離れる』の感覚を感じることができました。

 

せっかくのチェンバロ、バッハの曲など弾けたら・・・

と思いますが、あんなにも繊細な楽器、曲を演奏できるほどに慣れるには・・・

相当な修行が必要でしょう。

 

コンサートには、“聴く”楽しみがありますが、“自分も参加できるコンサート“。

とても楽しく、新しい発見が盛りだくさんです♪

 

ぜひ見つけて、お出かけされてはいかがでしょうか(^^)

 

-コンサート, ブログ
-, , , ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.