ブログ 楽器について

リビングルームにオルガンの響き

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。
当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

ピアノや演奏、音楽教育に関わる、様々な団体に所属しているためか、当スタジオにはいろいろな案内物が届きます。

今現在の日本の音楽協会にまつわる情報や、楽器や楽譜の新製品・出版情報にいたるまで、自宅にいながら常に新しい情報を得ることができるこれらの案内物は、私にとってとても重要で、そして楽しみを与えてくれるツールです。

 

普段でしたら、電車に乗って、大きな楽器店へ足を運ぶこともしばしば。

楽器店へ出向くと、楽器や楽譜などの新しい情報を知ることができ、手に取ることができますが、

今はまだ、必要な外出のみにとどめている生活ですので、こうして自宅で新しい情報に触れることができるのは、本当にありがたいことです。

 

~~~

私は、生まれて初めて触れたピアノから現在も、ヤマハのピアノに縁があってこれまで来ました。

私自身、3歳から音楽を始めたのもヤマハ音楽教室でしたし、音大卒業後は、ヤマハ音楽教室で講師をしていました。

幼少期から触れてきた楽器、

アップライトピアノ、グランドピアノ、当時新発売だった、クラヴィノーバ、エレクトーンに、ステージアエレクトーン・・・改めて挙げてみると・・・本当に、ヤマハ一筋で歩んできている音楽人生です(^^)

 

先日、ある楽器店から届いた案内物。

ヤマハではない、楽器会社からのもので、目を通していました。

アコースティックピアノから、電子ピアノまで。

楽器会社によって、異なるところ、共通するところなど、興味深いこともたくさん。

 

楽器フェアのお知らせの片隅に、思わず目を留めてしまった楽器がありました。

“リビングに置くことのできる、コンパクトオルガン”

 

オルガンをご自宅で演奏される方も多いのですね。

ピアノと同じく鍵盤楽器であるオルガンですが、“オルガンは聴くもの、歌うもの”  と割り切って考えてしまっていたことに、反省でした。

 

ご自宅にオルガンの響きがあふれる・・・何て素敵なのでしょう。

もっと詳しく知りたいと思い、ホームページを見てみましたが、大きさや性能によって、ピアノを選ぶ時のように、様々なモデルがあるのですね。

そしてびっくりしたのが、“ヘッドフォン対応” しているところ。

そうか、パイプオルガンではないものねと納得しますが、オルガンの響きをヘッドフォンで聴くということに、何だかびっくりしてしまいました。

 

~~~

オルガンの響き、教会にあふれるオルガンの響き。

オルガンにまつわる思い出、たくさんあります。

 

幼稚園から高校まで、カトリックの環境で学んでおりましたので、物心つく頃から、様々な行事の折に、教会のオルガンに合わせて、歌を歌っていました。

ピアノも、倍音がありますが、オルガンの音を聴いた幼い時、

“ひとつの音の中に、一体、いくつの音が入っているのだろう”

と思ったことを今でも覚えています。

 

教会にあふれるパイプオルガンの響き。今でもしっかりと耳に残っています。

 

ご自宅でオルガンの音色があふれる空間。

素敵ですね。何気なく目を通した案内を見て、オルガンの響きを懐かしく思い出す、そんな夏休みの一日となりました。

 

 

-ブログ, 楽器について
-, ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.