ピアノへの思い ブログ

心の栄養に…ピアノを。

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。
当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

コロナ禍の今年、今まで当たり前に流れていた“夏の風景“すべてが、夢の風景となってしまいました。

子供たちの夏休みも短縮されたり、猛暑の中での勉強や登下校、やっと束の間の夏休みが訪れたとほっとされている方も多いのではないでしょうか。

 

新型コロナウィルスという恐怖とともに生活するようになって、もうすぐ半年。

朝目覚めてから、夜眠るまで、一瞬たりとも気を抜いてはいけない、そんな毎日がずっと続いています。

大人も子どもも・・・折れてしまった心や気持ちをなんとか奮い立たせて過ごす毎日ではないでしょうか。

 

~~~

ピアノを学ぶこと。

これには、“ピアノの練習”は必要不可欠です。

練習はつらいもの、苦しいもの、とっても孤独な作業。

こんなイメージを持たれるかと思いますが、、、

 

ですが、たったひとりでピアノに向かい、音を出すだけで、その瞬間に現実から切り離され、別の世界に連れて行ってくれる・・・こんな素敵なことってあるでしょうか。

 

新型コロナウィルス、#stayhome、緊急事態宣言・・・このようなワードと共存しなければならない生活は、楽しいことなんて見つからない、目にするもの耳にするものすべてが恐怖と隣り合わせの日々です。

そんな中、美しい世界に一瞬でタイムスリップできるもの、私にとってはピアノでした。そしてこれからもずっと。

 

ピアノを弾くと、音を出したその瞬間から、一瞬で日常とは違う、“異空間”にトリップすることができます。

ピアノを弾くと、美しいものを追い求めることに集中します。

ピアノを弾くと、声に出さなくとも、心の中には“うた“があふれています。

 

例えば、ピアノを学んでいなくても、ピアノをつま弾くことはできます。

けれど、もしみなさんがピアノを学んでいらっしゃるのであれば・・・ピアノを自分の指で操ることのできる、その“術”を知っているのです。

その“術”を知っていることって、実はとってもすごいこと。

だって、美しい音色、美しい世界観、美しい音楽を、自分の指で表現する、その方法を知っているのですから(^^)

 

 

まだまだ続くであろう、コロナとの共存生活。

普段はもしかしたらネガティブに向き合っていたかもしれない、ピアノの練習時間。

“自分の指で、美しい音楽を表現できる”

“自分の耳で、美しい音楽を作ることができる”

これを大きな自信に変えて、ぜひ、ピアノと向き合う時間を心の栄養時間にしていただけたらなと思っています。

 

 

-ピアノへの思い, ブログ
-, ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.