ブログ 音楽への気持ち

思い出した(^^)・・・和太鼓

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

なんとなく目に入った、音楽情報のSNS。

“箏” “三味線” ・・・

ふむふむ、和楽器ね!・・・和楽器はどことなく縁遠く、中学や高校の音楽の授業で弾いた程度だなぁ、なんて思い出していました。

 

・・・ん??あれ??

私、『和太鼓』、習ったことある!!!!

 

~~~

もう何年か前のことになりますが、親子で習う“和太鼓教室”というものに参加したことがありました。

もちろん“和太鼓”の音色は聴いたことがありましたし、演奏している姿もテレビで見たことはありました。

和太鼓奏者の方々はみなさん、筋肉隆々!ものすごいパワーと体力を使う楽器ですものね。

アスリートのような体つきの方ばかりです。

 

私がその教室に参加していたのは、ほんのすこーーーーしだけ。

もちろん筋肉隆々にもなりませんし、本当にすこしかじらせて頂きました(^_^;)程度でしたが、「ほー!なるほど」と思うことがたくさん。とても楽しかったです。

 

まず、“裸足”で演奏すること。

演奏の仕方を習っていくと、当然だなと納得します。

大地を踏みしめる!!イメージを持たないと、とてもとても良い音色なんて出ないのです。

・・・足を踏ん張る。ぐらぐらしない・・これは和f太鼓だけではなく、ピアノはじめ、他の楽器を演奏するときにも言えることですね。

 

そして、“和太鼓”・・といえば、とにかく『カッコイイ!!!』

演奏している姿を見ても、力強くカッコイイ。

例えば、右手のバチで太鼓を叩いていたとしたら、“叩いていない左手“まで、カッコイイのです。

 

楽器は違えど、わたしもピアノを35年ほど弾いているわけです。

ここはひとつ、音楽指導者としてのプライドも!ありますし、かっこよく決めなければ!!なんて思っていたら・・・

・・・

大間違い・・・(泣)

まっっったく、キマラナイのです。。。

“ここのリズムを決めれば、カッコイイ!” という、リズムの側面からは理解ができますが、いざ“和太鼓”でそれを表現しようとすると、、、

鏡に映る自分は、なんともかっこ悪い(泣)

 

ピアノを演奏する時のリズム感と、和太鼓をカッコよく決めるリズム感。

全く別物に感じて、ただただ先生方のお姿に見惚れるばかりでした。

 

これは私の個人的感想ですが、和太鼓のリズム感、“ダンス“のリズム感に近いのかなと思いました。

・・・きっと、『体幹』なのですね。

 

和太鼓レッスンは、新鮮でとても面白く参加していましたが、鏡に映るヘニャヘニャな自分が何とも情けなく(汗)、レッスン最後に披露してくださる、“先生方による演奏” をただただ楽しみに♪通っていました(^^)

 

それから、もうひとつ。

『礼に始まり、礼に終わる』

・・徹底されています。

ちいさな子どもたちももちろん、裸足で、ぐらぐらせずにしっかりと立つ!!

そして、大きな声で『おねがいします!!』 『ありがとうございました!!!』

 

とても清々しく、そして楽しく&カッコイイ!レッスンでした(^^)

-ブログ, 音楽への気持ち
-, ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.