ブログ 練習

時間がない日でも、効果を上げる練習法②

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

今回は、前回のブログの記事【時間がない日でも、効果を上げる練習法①】のつづき。

具体的に、練習法をお話ししたいと思います。

 

テーマは、

『10分しかない!!そんな日でも、“上手になれる” 練習法』です。

 

~~~

前回のブログでもお話ししましたが、大人だけでなく、子供たちも磯貝井毎日を送っている現代。

平日は、学校、そのあとは習い事。帰宅したら、学校の宿題をこなして、翌日のために早く寝なければならない。

親子共に、まさに分刻みのスケジュールの毎日。

 

ピアノの練習。

毎日、たっぷりと時間をとり、練習に打ち込める時間と、やる気があれば、それはベストなこと。

ぜひ続けていただきたいです。

・・・ですが、なかなかそうはいきません。

 

楽器を習うこと。楽器の上達。

これには、練習時間が大きく関わります。

やはり、練習時間が多く取れることに越したことはありませんが、大切なのは、その中身。

特に、お子さまの場合は、集中力も長く続きませんから、

“短い時間でも、毎日ピアノに向かうこと”

これが理想であり、重要だと私は考えています。

 

~~~

 

さて、今日のテーマ、『10分しかない!!そんな日でも、“上手になれる” 練習法』

目まぐるしく過ぎる平日、スケジュールによっては、“今日は5分しか弾けない!” “10分しか弾けない!” そんな日もあるでしょう。

 

その時に大切なのが、

“今日は10分しか弾けない

・・・でも、弾こう!!!”

この気持ちです。

 

~~~

さあ、この10分。どのように練習しましょう。

大事なポイントは、

【練習のポイントを絞ること】

 

10分しか弾けない!そんな時は、あれこれ全てこなそうと思わずに、ポイントを絞りましょう。

 

レッスンで使っているテキスト、複数冊使っている方が多いかもしれませんね。

まずはじめに、【どのテキストの、何の曲を練習するのか】

そして曲を絞ったら、【その曲の中の、“どのポイントを練習するか”】

そこまで絞り込みましょう。

 

例えばレッスンで、『ここを止まらずに弾けるようにしましょうね』と注意を受けていたとしましょう。

そうしたら、そこがどんなに短い箇所(パッセージ)だったとしても、10分間、そこだけを練習しましょう。

他の場所を弾きたくなるけれど・・10分しかないのであれば、そして上達を求めるのであれば・・・一点集中!!です。

 

こうすることで、たとえば10分間という短い時間の中でも、着実に上手になることができて、素晴らしく効率の良い練習をすることができます。

例えば、その翌日など、時間に余裕をもって練習できる日があるときには、今度は別のポイントに、練習時間を割くことができますね。

 

短い時間でも、毎日ピアノに向かうこと。

これが大切であり、理想の姿。

でも、習慣づくまではなかなか難しいこと。

ですから、時間がない中でも、ピアノに向かっている時点で、はなまる二重丸!!!

どのように練習していたとしても、たくさん褒めてあげてくださいね。

 

次回は、時短練習の中の、ちょっとしたポイント、ちいさなアドバイスをお話ししたいと思います(^^♪

 

 

 

 

-ブログ, 練習
-, ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.