ブログ レッスン日記

続・発芽を待つ芽は、どこにでも

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。
当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

前回のブログ、【発芽を待つ芽は、どこにでも】の続きとなる、今日のブログです(^^♪

ピアノを弾くとき、手元や、近くの響きのみに目を向けてしまうと、どうしても視野も耳も狭くなってしまいますね。

そうすると、せっかく“ピアノ”という楽器を弾いていても、まるで、鍵盤から音が出ているような・・そんなもったいない感覚になっていないでしょうか。

 

当スタジオでは、ピアノを始めて習う小さなお子さまもは特に、体験レッスンや初回レッスンで、“ピアノの自己紹介” をしています。

ピアノと聞くと、白と黒の鍵盤のみに意識と興味が向いてしまいますが、実は、もっともっと長くて大きな楽器のからだ全体を使って音が鳴っていること、

そして、ピアノの中身はこんな造りになっているのだよと、音が鳴る仕組みや感覚を遊びながら感じて欲しいからです。

 

みんなが知っている、“白と黒の鍵盤”と、ピアノの長くて大きな“胴体部分“。

これは、決して別物ではなく、

“自分に指で鳴らした音は、あんなに遠くまで鳴っているんだよ”

その感覚を楽しみながら・・大事にしたいなと思うのです。

 

小さな子供たちの場合、興味スイッチ!はその子その子で違いますが、みんなが喜んでピアノをのぞき込んでくれるのは、やはり、“グリッサンド” でしょうか(^^♪

私がペダルを踏んで、白鍵の端から端までグリッサンドをすると、みな、目を丸くしてピアノの中を覗き込みます。

中には、ご入会後、毎回リクエストしてくれる生徒さんもいるほど。

 

小さなお子さんの場合、大人では決して目に留めないようなところにも目を向け、びっくりするような発見をしてくれます。

レッスンでは、いろいろな質問が飛んできます(笑)

 

ピアノの上達には音楽的指導が大切ですが、それと同時に、“ピアノ”という楽器自体に興味を持つという姿勢は、大事に見守ってあげたい大切な気持ちだと、私は思っています。

ですので、レッスンから脱線しすぎない程度を守りつつ、生徒さんから飛んでくる、“ピアノや音楽にまつわる質問”には、すべて受けて立とう!!と、私の持つ知識で答えられることは、きちんと向き合っていこうと思ってレッスンしています(^^)

 

毎回、“今日はどんな質問が飛び出してくるのかな!?”と、私も良い刺激をもらっている、そんなレッスンです(^^♪

 

 

-ブログ, レッスン日記
-, ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.