ブログ 練習

練習・・・焦っていませんか?②

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

今回は、先日のブログ記事【練習・・・焦っていませんか?①】の続きのお話。

 

ピアノに限らず、演奏は生もの。

ロボットではなく、生身の人間が心を込めて弾いているのですから・・・たとえ練習だとしても、生ものです。

思うように弾けても、思うように弾けなくても、一回一回が唯一無二の演奏なのですよね(^^)

だからこそ・・

『あれれ、昨日はうまく弾けたのに!弾けなくなっている(泣)!!』

このようなことも多々・・・ですよね。

 

~~~

そのような時、みなさんはどのように練習しますか?

 

大切なキーワードは、『ゆっくり&じっくり&落ち着いて』。

 

“昨日は弾けたのだから、早く弾けるように戻さなくては!“・・・このように焦ってしまうのは良くありません。

たとえば、発表会などの本番の予定がある場合には、なおさら、焦りは禁物!

 

こんな時に効果的な練習。それは・・・

『苦手な箇所 “だけ“ 取り出して』

『その部分 “だけ“ 繰り返し練習』

『テンポを落として・・・じっくり、落ち着いて』

 

なんだか、“逆“ですよね。

でもこれがとても効果的なのです。

 

一番避けたいのは、

『弾けなくなってしまった!!!』と焦るあまり、はじめから最後まで通すばかりの練習をしてしまうこと。

 

はじめから通す練習が、効果的な時ももちろんあります。

ですが、先に例に挙げたような時には、焦る気持ちを一度置いておいて、一見、逆、とも思えてしまうような『ゆっくり&じっくり&落ち着いて』この気持ちで練習すると良いでしょう。

 

『今日はこの箇所だけ!』と決めて、そこだけを取り出して取り組んでくださいね。

通して弾きたい時は、練習の始めや終わりに一回くらいにとどめて。

 

~~~

部分的にやっつけるぞ!・・・この練習をしているときのポイントは、“腰を据えること”。

例えば、弾けない箇所を取り出しての、リズム練習や、メトロノーム練習、をしているとき。

気持ちが焦って、ちょこっと数回取り組んだら、すぐに速いテンポで弾いてみたくなってしまう・・・

この気持ち、よーくわかります。

ですが、ここはぐっとこらえて、リズム練習や、メトロノーム練習にじっくりと“腰を据えて“取り組んでださい(^^)

 

幼い頃は、“正”の字を書いて、部分練習の回数を書いたこともありましたが、最近は、時計とにらめっこ。

“10分間はリズム練習だけ!” などと、時間で区切って部分練習に集中する方法をとることが多いです。

時計の針を気にするのも集中が途切れるなと思う時には、アラームをかけておくこともあります。

 

~~~

『昨日までは弾けたのに!どうしよう!!』

と焦ってしまうときほど、『ゆっくり&じっくり&落ち着いて』。

ぜひお試しください(^^♪

 

-ブログ, 練習
-, ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2021 All Rights Reserved.