ブログ 練習

褒めること、実はたくさん!ある!

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

前回のブログでは、ピアノの練習~習慣づけ~ をお話ししました。

その中で、“褒めることの大切さ”をお伝えしましたが、

何か一つでも・・・出来れば、たくさん!褒めてあげることで、子どものやる気も出てきますし、何より、“聴いてくれているのだな” “見てくれているのだな” と、子どもたちは嬉しく、そして安心してピアノに取り組めるはずです。

 

・・・と言っても・・・

言うだけなら簡単。 実際のところ・・・。

子どもたちがピアノの練習をするのは、平日でしたら、幼稚園や学校から帰ってからの時間が多いのではないでしょうか。

それは、つまり、夕方。

=ママが一番忙しい時間帯ですよね。

 

よく頂く質問がこちら。

↓↓↓

1秒でも時間が惜しい!そんな夕方の時間帯。

そんな時に、ピアノの練習で“親子ゲンカ 勃発!!!” という日常も多々・・・。

親子共々、ヘトヘト&イライラ・・・

そんな中の練習で、、、

≪褒めてあげられることが見つかりませんーーー!!!!!(泣)≫

 

そのお気持ち・・・よーく分かります。

ですが、褒めてあげられることって、実はたくさん!!!隠れているのです!

 

今日はそのポイントをお話しします。

 

お子さまがピアノに向かって、レッスンの曲を練習しています。

“あれ?前回注意されたこと、直っていない!!”

→褒めること、見つかりません・・・(泣)

と嘆かれる方が多いのです。

もちろん、音楽的な注意は、次回レッスンまでに直さなければなりません。

ですが、頑張って自分からピアノに向かい・・・そこで、初っ端から“直っていないじゃない!!!”と言ってしまうと・・・

親子喧嘩に発展するか、怒ってピアノを閉じてしまうか・・・どちらかになってしまうでしょう(涙)

 

まずは、褒めること。

でも、その ≪褒めるポイント≫とは、何も≪音楽的なことでなくても良いのです。≫

 

その視点から練習を聴いたり見たりしてみると・・・?

褒めるポイントは、たくさんたくさん!見つかるのです(^^)

 

例えば、

●弾く姿勢が、昨日より良くなっているね。

=“弾く“ことに対して、“やる気になっている”証拠!

 

●(曲を弾く時の)手の準備が、ぱっと出来るね。

=その曲の手のポジションに、迷いなく置ける。ということは、当たり前ではありません。

これは、“その曲を何回も何回も弾いている証拠!“ 立派なことなのです♪

 

●手の形が良くなっているね!

などなど・・・。

音楽的なことでなくて良いのです(^^)

 

まず、自分からピアノに向かって弾き始めた時には、“何か指摘したい気持ちをグググっとこらえて、”

上記に挙げたような“音楽的なことではないこと” でも良いのです、まずは褒めてあげてくださいね。

 

小出しに・・小出しに・・・弾くたびに

“何か褒めてあげる”

+α 少しずつ、

“レッスンで注意されたことに目を向けさせる”

 

この繰り返しで、少しずつでも、毎日ピアノに向かえるように。

ピアノに向かうことが“楽しみになるように”。

 

前回のブログでもお話ししましたが、特にちいさなお子さまの場合、

練習の習慣化や、毎日ピアノに向かうこと。これらはなかなか、子どもだけで出来ることではありません。

ほんの少しでも、ママやパパには、子どもたち、そしてピアノの音に目と耳を傾けていただき、

子どもたちのやる気が“ヘニャヘニャ・・・” となりそうな時に、ぜひ“魔法のことば“ で“後押し!”してあげてください♪

 

難しいことでなくて良いのです♪

ママやパパからの ≪ひと押し≫ となる魔法のことばがあれば、きっと、ピアノに向かうことが大好きになってくれることでしょう(^^)

 

一緒にがんばりましょう!!

ピアノが弾けるって・・・とっても楽しいことなのですから♪

 

 

 

-ブログ, 練習
-, , ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2020 All Rights Reserved.