ブログ レッスン日記

“調性感”を身につける裏ワザ①

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

♪YouTubeチャンネルは、こちら→【エミ・ピアノスタジオ YouTubeチャンネル

♪ピティナ指導者ライセンス 全級合格に向けて ~受験記ブログ~ こちら→【ピティナ指導者ライセンス ブログカテゴリー

 

今日のブログは、〝調性感〟について。

ピアノ学習者の方なら、一度は耳にしたことがあるワードかもしれません。

〝調性感〟とは、
今、自分が演奏している音楽は、一体何調なのか?
そして、〝調〟を味わって演奏すること。その力を指す言葉です。

調性感という言葉を使わなくとも、レッスンで、
「ここは何調かな?」というやり取りは、必ず誰しも経験があるのではないでしょうか。

 

さて。
その〝調性感〟は、どのようにしたら身につくのでしょう?

その答えはきっと、無限。

色々なアプローチがあるかと思いますが、今回はその中から、私がレッスンで実践している方法のひとつをお話しします。

これが、なかなか効果あり!
先日の大人の生徒さんレッスンでも、効果を実感したばかりです^ ^

〜〜〜
キーワードは、【同主調】。

同主調とは、主音が同じ短調と長調のこと。
例えば、ハ長調とハ短調。イ長調とイ短調。のようなことです。

ハノンに収録されている、24調スケールカデンツ。
これは、ピアノ学習者ならば、ほとんどみなさまが通る道でしょう。

この24調スケールカデンツは、何のために学ぶのか。

その答えのひとつに、〝調性感を習得する〟という目的があると思います。

全24調を習得しながら、それぞれの調が持つ、個性や世界観、イメージを自分の中に確立していくのです。

 

まるで、自分の中に“24個の引き出し” が生まれていくように。

そのようにして培った “調性感” を今度は、曲の中で、引き出しから取り出すように表現するのです。

〜〜〜
曲を演奏するには、さまざまな要素によって成り立ちますが、この〝調性感〟も大事な要素のひとつですね。
調性感が無いと、色合いや、彩りや、香りのない演奏になってしまいますから。

この調性感、あるいは調のイメージは、まさに十人十色。
だからこそ、〝調性感〟を大事にして、表現することで、演奏に香しい個性が生まれるのだと思います^ ^

・・・

調性感を習得するための裏ワザをお話しするべきブログですのに、そこまでのお話が長くなってしまいました^^;

さてさて、調性感を習得するための裏ワザとは^ ^

次回ブログにてお話ししてまいります。

-ブログ, レッスン日記
-, ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2021 All Rights Reserved.