ブログ 私の演奏活動

寝ても覚めても part.2

投稿日:

こんにちは。
横浜市都筑区 仲町台のピアノ教室 【エミ・ピアノスタジオ】です。

当スタジオのブログをお読みくださり、ありがとうございます。

♪YouTubeチャンネルは、こちら→【エミ・ピアノスタジオ YouTubeチャンネル

6月は祝日が無い月。
なんだかノンストップで駆け抜けていく、毎年そんな風に思って過ごしています。
今年は、お通いくださる生徒さんのレッスンに加えて、ピティナ指導者ライセンスの受検真っ只中ということで、いつもに増して、超スピードで過ぎていっているような気持ちです。

ピティナ指導者ライセンス受検のタイミングは、主に年に2回。
春と秋に巡ってきますが、今はまさにその、春季受検期間真っ最中です。
全18科目あるライセンスですので、先週ひとつの科目が終わったかと思えば、今度は、来週締め切りの複数科目の試験準備に追われています。
ここ数ヶ月、なんだかずっと誰かに後ろから追われている気分(^^;
毎朝起きると、頭の中に〝今日の練習todoリスト〟を思い浮かべて、ベッドから這い上がる、、そんな毎日です。

なんだかネガティブな表現になってしまいましたが、毎日やるべきことが明確にあることは、なんとも幸せなこと。
苦しくもあるけれど、本番を目指して取り組める曲があることは、幸せなことです。


〜〜〜
さて、今日は〝思いがけない練習法〟のおはなし。


只今、来週の締め切りに向けて、9曲ほどさらっています。
もちろんピアノに向かって時間をかけて練習するわけですが、
〝ピアノに向かえない、ある時〟
この時間に、意外な有効性が隠れていることに気がついたのです^ ^

それは、
〝ただただ、歩いている時〟

演奏の本番が近づいてくると、ブログタイトル通り、寝ても覚めても、頭の中で曲が鳴り続けるわけですが、
私の場合、〝外を歩いている時〟に頭の中に鳴っている曲から、素敵に演奏できるヒントが舞い降りてくるように思うのです^ ^

楽譜も、楽器も目の前に無い環境。
そんな時、頭の中で曲が鳴っていると、その曲を客観的に捉え、感じることができるのです。
まるで、CDを聴いているような感覚。
そうすると、
〝このメロディ、美しい・・・〟
〝この左手、こんなに魅力的だったの!!
こんなことが頭にどんどん浮かぶのです^ ^


弾く作業もない、楽譜を読む作業もない、だからこそ、客席で聴くような感覚で曲を感じることができるのです。


曲を客観的に捉える感覚、これはとても大切。実際に弾きながら・・・の中では捉えづらい感覚です。


ピアノが無い環境でも、向上するためにできることはたくさんあります。
ピアノが無い環境だからこそ、普段とはちょっと違う視点から、曲を眺めることもできます。


ふふふん♪、と鼻歌を歌うくらいの軽やかな心持ちで、演奏曲を思い浮かべてみてはいかがでしょうか。 
きっと、今まで気づかなかった、思わぬ魅力に気づくことができることと思います^ ^

-ブログ, 私の演奏活動
-, ,

Copyright© 【都筑区仲町台のピアノ教室】 エミ・ピアノスタジオ , 2021 All Rights Reserved.